小回り巧者血統馬が毎年走る近年の福島記念

近年の傾向と推奨馬800200

【近5年傾向Pickup】

・京都大賞典、札幌記念、毎日王冠、オールカマー、セントライト記念など、前走G2以上の中距離重賞出走馬(過去5年連続で連対、合計9頭が馬券に)

・前走5着以内の好調馬も走る(過去5年で複勝圏内に好走した15頭中9頭が該当)

・特に近年は、近2走以内に上がり順位3番手以内or前走1着馬(過去5年で5人気以下で複勝圏内に好走した5頭全馬が該当)

・小回りコースの巧者血統、特に父か母父がサドラーズウェルズ系、キングカメハメハ系、ステイゴールド系、ハーツクライ系(該当馬は過去5年で全勝、合計12頭が馬券に)

・中でも父ステイゴールド系(父ステイゴールド系は過去5年で4勝、5年連続で連対中)

【総括】

近年の福島記念は、京都大賞典、札幌記念、毎日王冠、オールカマー、セントライト記念など、前走G2以上の格上の重賞に出走していた馬の期待値が高い傾向。

上記ローテーションの該当馬は、過去5年連続で連対、合計9頭が馬券に。

血統的には定石通りに、小回りコースの中距離重賞レースに実績がある馬の期待値が抜群。

中でも父ステイゴールド系は過去5年で4勝、5年連続で連対中と特注系。

以上を踏まえて推奨馬は下記の通り。

ゴールドスミス…前走のオクトーバーS(東京芝2000m)が上がり最速の末脚で1着。ピックアップの詳細通り近年の当レースは近走上がり上位馬、前走1着馬の期待値も高いレース。血統構成はステイゴールド×Cape Cross。父ステイゴールド系は過去5年の福島記念で4勝。また、そのステイゴールド産駒の勝ち馬4頭中3頭は母父が欧州型種牡馬という共通項も。よりスタミナ指向の強いタイプが走りやすいレースだけに、母父が欧州型ダンチヒ系Cape Crossであることも強調材料。これまで福島芝に限れば2戦2勝と小回りコースに強いステイゴールド産駒の典型。

アラタ…前走札幌記念(札幌芝2000m・G2)4着からの臨戦。前述の通り、前走G2以上の格上の中距離重賞に出走していた馬は、過去5年連続で連対、合計9頭が馬券に絡む特注ローテ。キングカメハメハ×ハーツクライの構成で、父も母父も近年の当レースの特注血統。近年の福島記念は、父か母父がキングカメハメハ系、もしくはハーツクライの血を持つ馬が5年連続で連対中というデータも。尚、本馬は昨年の当レースで3着に好走。当時との比較ではメンバーレベルにも恵まれた印象も強い今年に関しては、まともにさえ走ればまず勝ち負けも濃厚と言える1頭。

こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます


こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へにほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ