先行力のある馬が大波乱を演出する近年のレパードS

近年の傾向と推奨馬800200

【近5年傾向Pickup】

・波乱度は高い(過去5年で3着以内に好走した15頭中7頭は当日単勝9人気以下)

・前走が地方交流重賞出走馬の期待値が高い(過去5年で2勝、3着内好走馬が6頭、うち3頭が当日単勝6人気以下)

・先行力も活きる、特に近2走以内に3コーナー5番手以内の経験(過去5年で9人気以下で馬券に絡んだ7頭全馬が該当)

・父か母父キングマンボ系は特注(過去5年で2勝、合計5頭が馬券に絡み、うち3頭は6人気以下)

・エーピーインディ系、ヘイロー系、ニアークティック系、ヴァイスリージェント系、ストームバード系など、米国の名血系も毎年走る

【総括】

前走が交流重賞出走馬の期待値が高い重賞競走。

中でも、前走ジャパンダートダービー(大井ダ2000m)出走馬は特注傾向。

このローテーションは、一昨年こそ走らなかったものの、第1回レパードSから昨年の第11回までの間で、実に11年中10年で馬券対象馬を輩出する驚異の成績。

また近年のレパードSは波乱度も高く、日本では主流ではない非サンデー系の活躍も顕著。

特に、父か母父キングマンボ系は、昨年10人気1着ハヤヤッコ(父キングカメハメハ)を筆頭に、過去5年で2勝、合計5頭が馬券に絡み、うち3頭は6人気以下の人気薄と相性抜群。

以上を踏まえて推奨馬は、※※※※です。

レパードS(G3)の推奨馬及び展望の全文はコチラのページからご確認いただけます


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ