◆じゃない方芸人ならぬ「じゃない方の馬」が走る!?

今週は新潟競馬場で、第12回レパードS(新潟ダ1800m)が行われます。

3歳限定のダート中距離重賞ということもあり、古馬のダートG1戦線へ向けた登竜門的な意味合いも強いレースですが、過去5年で3着以内に好走した15頭中7頭は、当日単勝9番人気以下の大穴と、その波乱度も極めて高いです。

毎年のように波乱が起こりうる大きな要因としては「前走地方競馬出走馬」、「父も母父も非サンデー系」の2点が挙げられます。

過去5年のレパードSは、3着以内に好走した15頭中7頭が「前走地方競馬出走馬」という珍しい傾向が出るレース。

その7頭中4頭は、当日単勝6番人気以下の人気薄というのもポイント。

また、昨年のレパードSは、「父も母父も非サンデー系」の該当馬が3着以内を独占。

逆に「父か母父サンデー系」に該当する人気馬は軒並み敗れて、3連単の配当金も27万円を越える大波乱決着。

特に、ストームバード系、ヴァイスリージェント系、ボールドルーラー系など、いわゆる米国ダートの名血系は毎年のように人気薄で馬券に。

「前走地方競馬出走馬」、「父も母父も非サンデー系」は、現日本競馬界においては、どちらも主流ではない枠組みにカテゴライズされる競走馬。

スタンダードではないタイプの馬、言うなれば、じゃない方芸人ならぬ「じゃない方の馬」が走りやすいからこそ、近年のレパードSは波乱度が高いと言えるでしょうか。

参考までに今年のレパードSに出走を予定する馬の中で「前走地方競馬出走馬」は、ミヤジコクオウ1頭のみ。

「父も母父も非サンデー系」かつ、父が米国種牡馬の該当馬は以下12頭。

アポロアベリア
エイシンアメンラー
エバンタイユドール
ケンシンコウ
ショウナンマリオ
タイガーインディ
ニュートンテソーロ
バンクオブクラウズ
ブランクチェック
プロヴィデンス
メイショウカズサ
ラブリーエンジェル

レパードS(G3)の推奨馬、展望は水曜日以降に掲載予定です


その他の記事はこちらのサイトからも閲覧できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ