芝ダート兼用種牡馬の産駒が走るクイーンS

近年の傾向と推奨馬800200

【近5年傾向Pickup】

・近2走以内に1800m以下出走馬(過去5年で馬券に絡んだ15頭全馬が該当)

・1600m以下で勝利実績を持つ馬(該当馬は毎年のように穴で好走)

・近2走以内に、上がり順位5番手以内の末脚の実績も有効(過去5年で馬券に絡んだ15頭中10頭が該当)

・キングカメハメハ、アグネスデジタル、ストーミングホーム等々、ダート適性も兼ね備えた父ミスプロ系が有効(過去5年で4人気以下で馬券に絡んだ9頭中3頭該当)

・父か母父が、サドラーズウェルズ、ダンチヒ、グレイソヴリン系など、洋芝馬場だけに欧州血統馬も相性はいい(該当馬は毎年のように好走、一昨年は父欧州種牡馬の産駒が複勝圏内を独占)

・内枠有利、特に6番ゲート以内(過去5年で馬券に絡んだ15頭中10頭が該当)

【総括】

直近3年のクイーンSは、複勝圏内に好走した9頭中6頭が「近2走以内に芝1600m出走馬」という共通項。

開催前半の良好な馬場コンディションで行われやすく、いわゆるマイル寄りのスピード指向が問われやすい牝馬限定の重賞競走。

この傾向に伴い、血統的にも、父ミスプロ系を筆頭とした馬力、持続力系が断然有利の方向性。

また、一昨年の当レースは、父欧州種牡馬の産駒が複勝圏内を独占。

洋芝馬場だけに、欧州血統馬が走りやすい傾向もクイーンSならでは。

以上を踏まえて推奨馬は、※※※※です。

クイーンS(G3)の推奨馬及び展望の全文はコチラのページからご確認いただけます


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ