変わらない傾向を重視したい今年のプロキオンS

近年の傾向と推奨馬800200

※今年は従来の中京競馬場から舞台を移して阪神競馬場で開催されるため、近5年傾向Pickupは割愛

【総括】

先週のCBC賞に続いて、従来は中京ダ1400m戦で行われるプロキオンSが、今年は阪神競馬場で施行。

競馬場の形状が大きく異なるため、例年の傾向は活かされない可能性も高いですが、強いて言うなら、前走ローテの傾向は例年通りに重宝できるでしょうか。

過去5年のプロキオンSは、3着以内に好走した15頭中14頭が、前走5着以内の好調馬。

このレースに限らず、日本のダート重賞は、実績馬よりも勢いのある馬、状態のいい馬が走りやすい傾向が強いですが、特にこの時期のJRAのダート路線はオフシーズンのため、相対的なメンバーレベルも含めて、毎年のように好調馬が走りやすくなります。

この傾向に限っては、例え施行される舞台が変わっても、そう変動することはないでしょうか。

以上を踏まえて推奨馬は、レッドルゼルです。

近6走連続で連対中の好調馬。

2走前のリステッド競走コーラルS(阪神ダ1400m)では、今回人気を背負うであろうサクセスエナジーに完勝の実績。

当時よりも斤量差は無くなりますが、強力な先行各馬が出揃ったメンバー構成を踏まえれば、控える競馬もできる本馬のほうが、有利になる可能性も高いでしょうか。

また、先週同様に週末は雨予報も出ており、父がスピード指向の強いロードカナロアであることも強調材料。

脚抜きのいい馬場コンディションで、芝のスプリント的才能が活きるような競馬であれば、あっさり突き抜けても不思議はありません。

ヤマニンアンプリメは、スタートで珍しく出遅れた前走の東京スプリント競走(大井ダ1200m・8着)が、度外視できる競馬。

その一戦を除けば、交流重賞で抜群の安定感を見せており、ここに入れば実績も最上位クラス。

父シニスターミニスターは、道悪ダートの鬼としても知られるエーピーインディ系種牡馬。

脚抜きのいい馬場で、スタートさえ決めることができれば、前走からの大幅な変わり身も期待できます。

激しい先行争いによる前崩れの展開にヤマを張るなら、スマートアヴァロンスマートダンディーワンダーリーデル辺り。

【推奨馬】
レッドルゼル
ヤマニンアンプリメ


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へにほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ