◆大穴馬券のポイントは近走の前向きな経験!?

今週は福島競馬場で、日本の重賞競走の中でも有数の波乱レースとしても知られる第56回七夕賞(福島芝2000m・G3)が行われます。

かつては単勝1番人気馬が26連敗を喫した歴史もある七夕賞。

近年においても、昨年まで実に8年連続で単勝10番人気以下の大穴が必ず1頭以上は馬券に絡むなど、その波乱度の高さは全くもって衰えていません。

毎年のように波乱を助長する主な要因としては、そのメンバーレベルやハンデ重賞であることなどが挙げられますが、そのトラックバイアス、開催2週目の良好な馬場コンディションで行われる側面も見逃せません。

過去5年の七夕賞は、当日単勝4番人気以下で馬券に絡んだ10頭中9頭が、近2走以内に「1800m以下出走」or「3コーナー5番手以内の先行経験」の何れかの経験があった馬という共通項。

また、過去5年の当レースで、当日単勝11番人気以下で馬券に絡んだ3頭は「クロフネ、エンパイアメーカー、Storm Cat」の、何れかの血を持つ馬というデータも。

クロフネ、エンパイアメーカー、Storm Catの共通項は、自身か産駒が日本のダートG1レース、あるいはダート競馬の最高峰アメリカのダートG1レース実績馬であるということ。

これらの傾向を要約すると、近年の七夕賞は、先行して持続力を活かす競馬に優れたダート指向の強いタイプが、自身の特性を活かして波乱を演出しやすい傾向が窺えます。

参考までに、今年の七夕賞に出走を予定する馬の中で、近2走以内に「1800m以下出走」or「3コーナー5番手以内の先行経験」の該当馬かつ、「クロフネ、エンパイアメーカー、Storm Cat」の何れかの血を持つ馬は、バレリオ、パッシングスルーの2頭。

七夕賞(G3)の推奨馬、展望は水曜日以降に掲載予定です


その他の記事はこちらのサイトからも閲覧できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ