非根幹適性もポイントになるセントライト記念

近年の傾向と推奨馬800200

【近4年傾向Pickup】※新潟開催の14年は除く

・前走東京芝2400m戦出走馬、特に前走日本ダービーで大敗している馬(過去4年で3勝5連対、4人気以下で馬券に絡んだ5頭中4頭が該当)

・末脚の重要性も高い、特に近2走以内に上がり順位2番手以内の実績(過去4年で馬券に絡んだ12頭中7頭が該当)

・同じ非根幹の芝1800m戦実績馬、特に上級条件で3着以内(15年は人気薄2頭でワンツー、16年17年は3着以内を独占、芝1800m重賞実績馬は8頭出走して5頭が馬券に)

・ロベルト、トニービン、ステイゴールド系といった往年の中山芝重賞血統が走る(過去4年で3勝、4人気以下で馬券に絡んだ5頭中4頭が該当)

・ディープインパクト&ブラックタイド兄弟の産駒も走る(該当馬は毎年のように馬券に)

【総括】

前走が2400m(特に前走日本ダービー)で大敗していた馬、あるいは芝1800m戦の実績馬の期待値が極端に高い傾向で、いわゆる非根幹適性が高い次元で要求される重賞競走。

血統的には、ロベルト、トニービン、ステイゴールド系といった往年の中山芝重賞に強い血を持つ馬の活躍が顕著で、馬場改修後2015年以降の過去4年でこの該当馬は3勝、4人気以下で馬券に絡んだ5頭中4頭も該当と特注系。

また、2016年のセントライト記念は、ディープインパクト産駒が複勝圏内を独占。

馬場改修工事後は、これまで苦手のイメージが強かったディープインパクト系も走りやすくなった印象も。

それらを含めた克明な詳細は、ピックアップを参照。

以上を踏まえて推奨馬は、※※※※です。

セントライト記念(G2)の推奨馬及び展望の全文はコチラのページからご確認いただけます


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ