前走条件戦出走の期待値が高い近年のローズS

近年の傾向と推奨馬800200

【近5年傾向Pickup】

・何よりも末脚の裏付けが重要、特に近2走以内に上がり順位4番手以内の実績(過去5年で馬券に絡んだ15頭全馬が該当、うち9頭は当日単勝5人気以下)

・特に前走条件戦出走馬(過去5年で6人気以下で馬券に絡んだ8頭中7頭が該当)

・前走が6着以下に負けていながら、巻き返しを期待されて人気に推されるようなタイプは危険(過去5年で前走6着以下の当日3番人気以内馬は7頭出走して全馬が4着以下に敗戦)

・ディープインパクト、ステイゴールド、キングカメハメハ、ハーツクライ、母父サンデーサイレンス等々、穴をあける馬も大半が主流のクラシック血統(過去5年で5人気以下で馬券に絡んだ9頭中7頭が該当)

・主流血統馬の中でも、サドラーズウェルズやニジンスキーなど欧州のノーザンダンサー系、トニービン系などの重厚な血を併せ持つ馬の期待値が特に高い(過去5年で6人気以下で馬券に絡んだ9頭中5頭が該当)

【総括】

阪神外回り芝1800m重賞のイメージ通り、何よりも末脚の重要性が高い秋華賞のトライアル競走。

ローズSならではの傾向という意味では、格下感の強い前走条件戦出走馬の期待値が高い一方で、巻き返しを期待されて支持されるようなタイプの人気馬の凡走が極めて顕著であること。

また、血統的には、いわゆるリーディング上位種牡馬の産駒の独壇場で、穴馬も大半が主流のクラシック血統馬。

特に、主流血統にプラスαで、サドラーズウェルズ、ニジンスキー、トニービンといった欧州の重厚な血を併せ持つ馬は毎年のように好走する傾向も。

それら克明な詳細は、ピックアップを参照。

以上を踏まえて推奨馬は、モアナアネラです。

近2走はともに、条件戦で上がり順位5番手以内の末脚を計測。2走前は上がり最速の末脚。

前項の詳細通り、近年のローズSは、前走条件戦出走馬、近走末脚実績馬はともに有利。

前走芝2000mの条件戦から距離短縮ローテも、近年の当レースの穴馬柱。

このローテーションは、過去5年中4年で3着以内好走馬を輩出。馬券に絡んだ4頭は全馬が当日単勝7番人気以下の人気薄。

また、過去5年のローズSで、当日単勝10番人気以下で馬券に絡んだ3頭は、全馬が前走芝2000m戦出走馬というデータも。

血統構成は、キングカメハメハ×ディープインパクト。

過去5年の当レースで馬券に絡んだ15頭中9頭は、ディープインパクトorキングカメハメハ産駒。

母は牝馬3冠ジェンティルドンナ。

いわゆる日本の王道血統の括りの中でも超のつく良血系で、クラシック的なスタンダードな才能が要求されるローズSは絶好の舞台でしょうか。

尚、ジェンティルドンナの牝系は、欧州ダンチヒ系の重厚な血筋。

ピックアップの詳細通り、日本の王道血脈にプラスαで、重厚な欧州系の血を併せ持つ馬が走りやすい傾向も当レースならでは。

シゲルピンクダイヤは、2走前の桜花賞で上がりタイム最速の末脚を計測。

父がリーディング上位のダイワメジャー、母父が欧州サドラーズウェルズ系のHigh Chaparralと、当レースのコンセプトに合致するキャラクター。

近年のローズSは、昨年の勝ち馬カンタービレを筆頭に、シンハライト、タッチングスピーチ、リラヴァティ等々、欧州の王道血統でもある母父サドラーズウェルズ系の活躍も顕著。

同じくシャドウディーヴァも、近走上がり上位の実績を持ち、父と母父が日本と欧州の主流系で構成されるキャラクター。

近年のローズSは、上位人気に支持される前走オークス敗戦馬の期待値は低く、人気薄の前走オークス敗戦馬の期待値は高い傾向も。

その他では、アルティマリガーレスイープセレリタスビックピクチャーの、毎年期待値の高い前走条件戦出走組かつ主流血統馬を。

ディープインパクト産駒のダノンファンタジーは、毎年人気を裏切る前走オークス敗戦組の想定上位人気馬。

母方は軽い米国系の血筋でもあり、ここは過度の評価は危険の可能性も。

【推奨馬】
モアナアネラ
シゲルピンクダイヤ


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ