前走芝重賞出走馬が波乱を呼び込む函館記念

近年の傾向と推奨馬800200

【近5年傾向Pickup】

・日本屈指の波乱度を誇る重賞競走(過去5年で馬券に絡んだ15頭中12頭が当日単勝5人気以下)

・前走芝重賞出走馬か、上がり順位3番手以内の末脚の実績のある馬(過去5年で3着以内に好走した15頭中13頭が該当)

・プレップレースの意味合いも強い前走巴賞組は負けている馬のほうが買い(過去5年で前走巴賞組から馬券に絡んだ2頭はともに負けていた馬、巴賞1着馬は出走すれば毎年人気になるがすべて着外)

・道悪馬場になると、近2走以内に2200m以上出走馬の期待値が上昇する(道悪の一昨年は該当馬が3着以内を独占で3連単90万越えの大波乱決着に)

・父か母父が、シンボリクリスエス、キングカメハメハ、フレンチデピュティ、エンパイアメーカー、フジキセキ等々、芝ダート兼用種牡馬の血を持つ馬が走る(該当馬は毎年のように人気薄で馬券に)

・サドラーズウェルズ、グレイソヴリン、ダンスインザダークなど、いわゆるスタミナ血統馬も強い(一昨年は父サドラーズウェルズ系が1着、15年はグレイソヴリン持ちのワンツー決着)

【総括】

過去5年の函館記念は、当日単勝2番人気以内で3着以内に好走した馬は僅か1頭のみ。

直近4年は、単勝10番人気以下の大穴が必ず1頭は馬券に絡む国内屈指の大荒れ重賞競走。

洋芝馬場でタフな小回りの中距離重賞ということもあり、時計が掛かり上がりを要することで、シンボリクリスエス、キングカメハメハ、フレンチデピュティ、エンパイアメーカー、フジキセキといったダート実績のある種牡馬の血を持つ馬が波乱を演出する傾向も当レースならでは。

それらを含めた克明な詳細は、ピックアップを参照。

以上を踏まえて推奨馬は、※※※※です。

函館記念(G3)の推奨馬及び展望の全文はコチラのページからご確認いただけます


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ