上級条件での好走実績が鍵を握るユニコーンS

近年の傾向と推奨馬800200

【近5年傾向Pickup】

・レベルが高く、前走4着以内馬が順当(過去5年で馬券に絡んだ15頭全馬が該当)

・特に、前走が1000万条件以上で4着以内(過去5年で馬券に絡んだ15頭中14頭該当)

・近年は、距離短縮馬が有利(直近3年の連対馬6頭中5頭が該当)

・東京ダート重賞だけに末脚も重要、特に近2走以内に上がり順位3番手以内の実績(過去5年で馬券に絡んだ15頭中14頭該当)

・父か母父が、ニアークティック、ヴァイスリージェント、フォーティナイナー、ロベルト系など、東京ダートG1レースに実績のある米国血統馬が走る(過去5年で4人気以下で馬券に絡んだ5頭全馬が該当)

・ゴールドアリュールを筆頭に、ネオユニヴァース、フジキセキ系等々、東京ダートコースに強い父サンデー系も有効(ゴールドアリュール産駒は過去5年で3勝)

・東京ダートコースに強いシンボリクリスエス産駒も有効(昨年1着、過去5年で3頭が馬券に)

【総括】

3歳を迎えたダート路線の一線級が、中央競馬で初めて相見えるダート重賞競走。

この番組編成の関係もあってか、基本的には実力馬が集まりやすく順当な結果に収まりやすいレース。

具体的には、前走4着以内の好調馬が圧倒的に有利で、血統的にも東京ダートG1レースに実績のある種牡馬の血を持つ馬が有利。

特に、ダート競馬の最高峰である米国血統馬が走る方向性も当レースならでは。

それら克明な概要は、ピックアップを参照。

以上を踏まえて推奨馬は、ヴァイトブリックです。

前走が兵庫チャンピオンS(園田ダ1870m)2着からの距離短縮ローテ。

前項の詳細通り、近年のユニコーンSは、距離短縮馬、前走が1000万以上の上級条件で4着以内の好調馬も有利。

近2走連続で上がり順位3番手以内の末脚の実績も、近年の当レースでは特注系。

血統構成は、シンボリクリスエス×アドマイヤベガ。

昨年の勝ち馬ルヴァンスレーヴも、シンボリクリスエス産駒。

当種牡馬の産駒は、このユニコーンSに限らず、フェブラリーS等々、東京ダート1600m戦のスペシャリスト系としても著名。

牝系はディアドラ、ノーザンリバー、ランフォルセなどの一族で、3歳中旬以降での伸びしろ、重賞レベルでも通用のダート的才能も十分。

ニューモニュメントは、前走がオープン特別の青竜S(東京ダ1600m)3着の買いローテ。

近2走連続で上がり順位3番手以内の実績。

父が米国ダートの超名血ストームバード系ヘニーヒューズ。

これまで東京コースでは底を見せておらず、前走の内容を踏まえれば、今回人気が想定される上位組との差も感じさせません。

サトノギャロスもヘニーヒューズ産駒。

これまでダ1200m戦のみの勝ち鞍も、母シャラポワは、牝馬としては珍しい芝2200m戦の勝利実績馬。

前走の破格の内容からも、一介のスプリンターではない可能性も。

上位人気も確実のデアフルーグの母父は、東京ダート1600m重賞に無類の強さを誇るフレンチデピュティ。

ややスムーズさを欠いた前走の青竜S(2着)の内容を踏まえれば、まず勝ち負けも濃厚の1頭でしょうか。

その他では、ワイドファラオノーヴァレンダザディファレンスを穴に一考。

【推奨馬】
ヴァイトブリック
ニューモニュメント


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ