トニービンの血が躍動する近年の目黒記念

近年の傾向と推奨馬800200

【近5年傾向Pickup】

・前走芝2400m以上の長距離戦出走馬(過去5年で3着以内に好走した15頭中13頭が該当)

・長距離重賞だけに末脚も重要、特に近2走以内に上がり順位5番手以内の実績(過去5年で3着以内に好走した15頭全馬が該当)

・重厚な欧州血統馬が有効、特にトニービンの血を持つ馬(過去3年で8人気以下で馬券に絡んだ5頭は全馬がトニービン持ち)

・キングマンボ、ステイゴールド、マンハッタンカフェ、メジロマックイーンなどの3000m超G1レースに実績のある種牡馬などの血も有効

・通常馬場なら内枠有利、特に2枠以内(該当馬は過去5年中4年で必ず1頭は複勝圏内に好走中)

【総括】

近走で長距離戦に出走しているスタミナタイプの末脚が決まる重賞競走。

血統的にもスタミナ指向が顕著で、中でもトニービンの血を持つ馬は超特注系。

ヒットザターゲット、フェイムゲーム、ハッピーモーメント、ウインテンダネス、ノーブルマーズ。

過去3年の目黒記念で、当日単勝8番人気以下で3着以内に好走した上記5頭は、全馬がトニービンの血を色濃く有する馬という共通項も。

以上を踏まえて推奨馬は、ゴーフォザサミットです。

前走の日経賞(中山芝2500m・G2)5着からの臨戦過程。

前項の詳細通り、前走が芝2400m以上出走馬は、当レースの激走パターン。

血統構成は、ハーツクライ×Storm Cat。

父の母父は当レースで注目のトニービン。

昨年の目黒記念は、どちらも全くの人気薄だった父トニービン系によるワンツー決着。

一昨年は、ハーツクライ産駒のフェイムゲームが8人気1着。

15年もハーツクライ産駒のレコンダイトが4人気2着。

この馬自身も、半年ぶりの実戦復帰で大幅な馬体増もあった前走の日経賞を踏まえれば、ここは純粋に叩かれた上積みにも期待できるシチュエーションでしょうか。

アドマイヤエイカンもハーツクライ産駒。

前走の阪神大賞典(3000m)が、上がり順位3番手の末脚で5着。

前項の詳細通り、長距離重賞の当レースは、近走で上位の末脚を使っている実績も必須条件。

いわゆるラスティックベルの一族で、ノームコア、クロノジェネシスなど、今東京開催のG1レースで結果を残した馬も多数で、現行の馬場にもハマりそうな1頭。

ムイトオブリガードは、トニービンの血を色濃く有するルーラーシップ産駒。

東京コースは[3.1.0.0]と、ほぼパーフェクトの成績で、目黒記念と同舞台で行われるアルゼンチン共和国杯の実績馬。

その鞍上に、先週も絶好調だった武豊騎手であれば、不安要素も皆無でしょうか。

マイネルヴンシュルックトゥワイスの2頭は、ハーツクライ産駒が走る重賞に強いステイゴールドの産駒。

特に前者は、超道悪の菊花賞でも好走したスタミナ量の持ち主で穴に一考。

昨年のグランプリホースで、断然人気も濃厚のブラストワンピースは、やや重厚なタイプで、レコード時計が連発する現行の東京芝には多少なりとも疑問符がつくキャラクター。

根本的にスピードが活きる東京コースでは、全馬の脚が上がるようなハイラップ、あるいは道悪馬場などになった際のほうが、よりパフォーマンスを上昇させやすいでしょうか。

【推奨馬】
ゴーフォザサミット
アドマイヤエイカン
ムイトオブリガード


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ