距離短縮馬が強い近年の平安S

近年の傾向と推奨馬800200

【近5年傾向Pickup】

・波乱度は極めて高い(過去5年で3着以内に好走した15頭中10頭が当日単勝4番人気以下)

・ダート長距離戦で体力のある馬が走る、具体的には、近2走以内にオープンクラスのダ2000m以上出走馬or近2走以内にダ1800m以上で上がり順位5番手以内の末脚の実績(過去5年で4人気以下で馬券に絡んだ10頭全馬が該当)

・特に近年は、前走2000m以上のダート戦出走の短縮馬の期待値が高い(直近2年で連勝中、馬券に絡んだ6頭中4頭が該当、大半が人気薄)

・大穴は、ロベルト、グレイソヴリン、キングマンボ系などの重厚な血を持つ馬(過去5年で6人気以下で馬券に絡んだ5頭中4頭が該当)

・エーピーインディ、ヴァイスリージェント、ゴールドアリュール、ロージズインメイ等々、日本のダート中距離重賞に実績のある主流のダート血統中距離系も有効(過去5年で4人気以下で馬券に絡んだ10頭中8頭が該当)

・1900mの特殊距離で、3年連続3着内好走のクリノスターオー、2年連続3着内好走のクリソライト等々、いわゆるリピーターの活躍も顕著

【総括】

ダート中距離重賞特有と言える体力の絶対値がポイントで、中央競馬会の括りの中では唯一のダート1900m重賞ということもあり、その波乱度も極めて高い重賞競走。

具体的には、距離短縮馬や、1800m以上のダート戦で末脚の実績のある馬。

血統的には、ロベルト、グレイソヴリン、キングマンボ系といったスタミナ指向の強い血を持つ馬。

これらのタイプが毎年のように波乱を演出する傾向も。

また、唯一無二のダ1900m重賞ということで、リピーターの活躍も当レースならでは。

それら克明な詳細は、ピックアップを参照。

以上を踏まえて推奨馬は、チュウワウィザードです。

前走ダイオライト記念(船橋ダ2400m・G2)1着からの短縮ローテ。

前項の詳細通り、近年の平安Sは距離短縮馬が圧倒的有利。

一昨年6人気2着クリソライトも、前走ダイオライト記念1着からの臨戦過程で波乱を演出。

血統構成は、キングカメハメハ×デュランダル。

父は近年の当レースで注目のキングマンボ系種牡馬。

一昨年の勝ち馬グレイトパールは、キングカメハメハ産駒。

前項でも記載した平安Sで2年連続好走の実績を持つクリソライトも、母父がキングマンボ系。

芝寄りのスタミナ指向が強い平安Sは、相応の能力に長けたキングマンボ系が抜群の適性を示します。

ジョーダンキングも、キングカメハメハ産駒。

2走前の甲南S(阪神ダ2000m)で上がり最速の末脚を計測。

前項の詳細通り、近年の当レースは、近2走以内にダ1800m以上で上位の上がりを使っている馬も有利。

デビュー以来初の関東遠征競馬で多少の戸惑いもあった前走のマーチSをノーカウントとすれば、未だ底も見せていません。

サンライズソアクイーンマンボは、昨年の1着2着馬。

中央競馬では唯一のダ1900m重賞で、リピーターの活躍が際立つ傾向も当レースならでは。

オメガパフュームも、タフなダート戦を好む典型。

平安Sと同舞台で行われた昨年のJBCクラシック(京都ダ1900m)では、勝ちにも等しい僅差2着の実績も。

平日の段階では18番手の除外対象になるモズアトラクションも、出走が叶えば注目の1頭。

父がグレイソヴリン系で、トニービンを経由するジャングルポケット。

近2走連続で、ダ1800m以上で上がり順位3番手以内の実績。

平安S3年連続3着以内好走と、当レースに絶対的な適性を示したかつてのクリノスターオーも、父がトニービンを内包させるアドマイヤボス。

【推奨馬】
チュウワウィザード
ジョーダンキング


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ