特殊な才能が花開くダイヤモンドS

ダイヤモンドS分析800200

【近5年傾向Pickup】

・長距離戦だけに末脚の裏付けが重要、近2走以内に上がり順位5位以内の実績(過去5年で4人気以下で馬券に絡んだ7頭全馬が該当)

・前走がOP特別や条件戦、ダート戦などに出走していた馬が度々穴をあける(過去5年で4人気以下で馬券に絡んだ7頭中5頭が該当)

・前走万葉S組も特注(過去5年中4年で馬券内好走、近年は4人気以下の伏兵が3年連続3着内好走中)

・いわゆる欧州のスタミナ血統が活きる、近年は特に、サドラーズウェルズ、ニジンスキー、ロベルト、グレイソヴリン、キングマンボ系の何れかの血を持つ馬(過去5年で4人気以下で馬券に絡んだ7頭中4頭該当)

・中でも、ハーツクライ産駒は超特注(直近7年連続で3着以内に好走中)

・ディープインパクト、ステイゴールドなどのサンデー系上位種牡馬の産駒も走る

・ダイヤモンドSで4度馬券に絡んだフェイムゲーム、ファタモルガーナの2年連続複勝圏内好走等々、年に1度の特殊条件だけにリピーターが走る

【総括】

ダイヤモンドSは、東京芝3400mという、年に1度の特殊な条件で施行される重賞競走。

特異な条件で施行されるレースは、当然のことながら、普段とは異なる方向性の適性が問われるため、フェイムゲームのようなスペシャリストが出現しやすいことや、これまでの競馬ではスタミナを持て余していたような馬が、この舞台に出走することで突如としてその才能の開花させるなど、近年のダイヤモンドSにおける要項はその辺りでしょうか。

尚、近年のダイヤモンドSにおけるハーツクライ産駒は超特注。

当種牡馬の産駒は、実に直近7年連続で3着以内好走馬を輩出。

前走がOP特別や条件戦、ダート戦などに出走していた馬が度々穴をあける傾向も、特殊な才能が要求される当レースならではと言えるでしょうか。

以上を踏まえて推奨馬は、ウインテンダネスです。

父カンパニーは、トニービン系種牡馬。

前項の詳細通り、近年のダイヤモンドSは、トニービンの影響を強く受け継ぐハーツクライ産駒の活躍が際立つ傾向。

今年の当レースはハーツクライ産駒が不在で、トニービンの血を持つ馬も本馬1頭のみ。

前走から一気の1000m距離延長戦で、ここは大幅な変わり身も。

ルミナスウォリアーは、前走の福島記念が上がり順位2番手の末脚で5着の馬柱。

前項の詳細通り、長距離重賞の当レースは、基本的に近走で上位の上がりを使っている馬は有利。

父が欧州競馬の王様血統サドラーズウェルズ系メイショウサムソン。

通常よりもタフで時計を要する函館競馬場、それも重馬場で行われた函館記念を勝ち切った実績通り、父の豊富なスタミナ量を強く継承したキャラクター。

苦手な休養明け初戦のローテがどうかも、大幅な距離延長戦となる今回は、その辺りで上積みの可能性を抱かせます。

ともにキングカメハメハ産駒で、上位人気も濃厚のユーキャンスマイルグローブシアターの2頭もこれといった懸念材料は特になし。

ユーキャンスマイルは、母の父が長距離重賞のスペシャリスト系ダンスインザダーク。

14年3着タニノエポレット、一昨年の勝ち馬アルバートも、ダンスインザダークの影響を強く受けたタイプの競走馬。

ソールインパクトは、昨年の当レースで6人気3着。

前項の詳細通り、年に1度の特殊な条件でリピーターの活躍が際立つ傾向も当レースならでは。

昨年よりも一枚落ちるメンバー構成にも映る今年の相手関係であれば、昨年以上の着順まで狙えるでしょうか。

【推奨馬】
ウインテンダネス
ルミナスウォリアー
ユーキャンスマイル


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ