クラシック適性と2歳重賞適性がウェイトを占める阪神ジュベナイルF

阪神ジュベナイルフィリーズ分析800200

【近5年傾向Pickup】

・近2走以内に1400m以上で上がり順位3番手以内の末脚の実績がある馬(過去5年で馬券に絡んだ15頭全馬が該当)

・前走5着以内の好調馬、特に芝のオープンクラスで5着以内or芝の500万条件で1着該当馬(過去5年で馬券に絡んだ15頭全馬が該当)

・前走が東京芝1400m以上に出走している馬(過去5年で4人気以下で馬券に絡んだ6頭中5頭該当)

・基本的には、ディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ、キングカメハメハ系などのクラシック血統、リーディング上位種牡馬の産駒(該当馬は毎年複数頭馬券に)

・父が主要種牡馬の産駒の中でも、母父がストームバード、ヴァイスリージェント、フォーティナイナー、タイキシャトル、アドマイヤコジーン、サクラバクシンオー系などの、ダート戦や短距離戦に強い血統構成馬

・但し、重い馬場の場合は、サドラーズウェルズ、トニービン、ダンチヒ系といったスタミナ型、欧州血統が有効

【総括】

「近2走以内に1400m以上で上がり順位3番手以内の末脚の実績がある馬」

「前走が5着以内の好調馬、特に芝のオープンクラスで5着以内or芝の500万条件で1着該当馬」

過去5年の阪神ジュベナイルFは、複勝圏内に好走した15頭全馬が上記の2項目に該当。

阪神外回りのマイル戦だけに、基本的にはラストの伸び脚が要求され、2歳重賞特有の近走好調馬も有利のG1競走。

また、大まかな括りでは、いわゆるクラシック血統馬が走るレースながらも、短距離戦やダート戦に強い血を持つこともポイント。

方向性としてはクラシック寄りも、同じ舞台で行われる桜花賞などとの比較で言えば、軽いスピード、2歳戦特有の仕上がりの早さなどが問われる傾向は、この阪神ジュベナイルFならでは。

それら詳細は、ピックアップを参照。

以上を踏まえて推奨馬は、ビーチサンバです。

前走のアルテミスS(東京芝1600m・G3)では、上がり順位3番手の末脚で3着好走の馬柱。

前項の詳細通り、近年の当レースは、近走上がり上位馬、前走がオープンクラスで5着以内に走っている実績も有利。

特に、前走が東京の芝1400m以上に出走していた馬は特注。

血統構成は、クロフネ(ヴァイスリージェント系)×サンデーサイレンス。

父は現役時代に芝ダート双方のG1レースを制した兼用種牡馬で、産駒の仕上がりの早さと、優秀な牝馬を産みやすいことも著名。

近年は出走馬自体が少なく目立った活躍はないものの、2012年15人気2着と大波乱を演出したクロフネサプライズは、その馬名通りクロフネの産駒。

2010年4人気2着ホエールキャプチャ、2009年6人気3着ベストクルーズも当種牡馬の産駒。

サンデーサイレンスとクロフネの血を持つ馬、という意味で言えば、昨年2着のリリーノーブルと同じ。

また、全兄フサイチリシャールは、2005年の朝日杯フューチュリティS勝ち馬。

クラシックの王道血脈(サンデーサイレンス)と、2歳戦、牝馬限定戦特有の血(クロフネ)を持つ理想的な血統馬。

ベルスールは、前走のファンタジーS(京都芝1400m・G3)が、上がり順位3番手の末脚で2着好走。近年の当レースの好走条件を満たす馬柱。

母の父がクラシック指向のサンデーサイレンスで、父がダート、短距離指向の強いミスタープロスペクターを経由するフォーティナイナー系スウェプトオーヴァーボード。

血統的には、3歳春の桜花賞レベルになると軽快すぎるタイプで、この時期の2歳限定戦でこそ触手が伸びる1頭。

半姉ヴゼットジョリーも、デビューから連勝で新潟2歳Sを勝利後、阪神ジュベナイルFで5着。翌年の桜花賞は10着。

レッドアネモスは、前走のサフラン賞(中山芝1600m)が、上がり順位2番手の末脚で逃げ切り勝ちの馬柱。

ヴィクトワールピサ×サクラバクシンオーの構成で、父がサンデーの主要系、母父が言わずと知れたスプリントの王様血統と、そのバランスは当レース向き。

2013年8人気3着フォーエバーモアは、ヴィクトワールピサの父ネオユニヴァースの産駒。

2015年3着ブランボヌールは、母の父がサクラバクシンオー。

サンデー系の中でも2歳戦に強い父ネオユニヴァース系、テンのスピード能力は随一のサクラバクシンオー系の血は、相応の適性が問われる当レースのような舞台では、世間一般の評価以上のパフォーマンスを見せます。

また、本馬を所有する東京ホースレーシングも、2歳戦や、阪神ジュベナイルFに強い馬主であることも著名。

過去10年の阪神ジュベナイルFで、東京ホースレーシングは出走馬が僅かに3頭のみながらも3着以内好走馬が2頭。

その2頭も、2012年10人気3着レッドセシリア、2013年5人気1着レッドリヴェールと、ともに人気薄の激走。

傾向と期待値だけの論点では、当レースに出走してきた馬をベタ買いしてもいいレベルでしょうか。

前走アルテミスS3着のエールヴォアも、概ねの条件を満たす馬で、恐らく出走してくれば勝ち負けを争う実力馬。

問題は、平日の段階で8分の3という抽選の難関をくぐり抜けることができるかどうか、に尽きます。

メイショウショウブは、前走のデイリー杯2歳S(京都芝1600m・G2)が上がり順位3番手の末脚で2着。

ダイワメジャー×キングカメハメハのクラシック血統で、そのダイワメジャーの産駒も、桜花賞よりも阪神ジュベナイルFのほうが相性のいい仕上がり早の種馬。

前走同様、スムーズに先行策が取れれば、波乱演出も。

ジョディーも、ダイワメジャーの産駒。

前走が東京競馬場の芝1600mで勝ちきっていることも、当レースへ向けては強調材料。

人気が想定されるダノンファンタジーシェーングランツは、ともにディープインパクト産駒。

どちらがより阪神ジュベナイルF向きかと問われれば、母父の差で前者でしょうか。

クロノジェネシスは、父が凱旋門賞馬バゴ。

近年の当レースは、馬場が重くなると欧州指向、スタミナ指向が強くなる方向性で、そういった際に特に強調したいキャラクター。

【推奨馬】
ビーチサンバ
ベルスール
レッドアネモス


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ