距離短縮馬の期待値が高い近年のカペラS

カペラS分析800200

【近5年傾向Pickup】

・前走1400m以上出走の距離短縮馬の期待値が高い(過去5年で馬券に絡んだ15頭中11頭該当)

・中央よりタフで時計を要する前走地方交流重賞出走馬も有効(過去5年で3着内3頭、昨年は2着3着)

・ロベルト系、グレイソヴリン系、キングマンボ系、母父サンデーサイレンス等々、いわゆる芝中長距離寄りのスタミナ血統活きる(過去5年で4人気以下で馬券に絡んだ9頭中5頭該当)

・フジキセキ、アグネスタキオン、ゴールドアリュール等のダート指向強いサンデー系、ストームバード、ヴァイスリージェント系などの米国血統も有効

・どちらかと言うと、このコースの定石でもある外枠が有利、特に6枠より外(過去5年で4人気以下で馬券に絡んだ9頭中6頭該当)

【総括】

前走が1400m以上の競馬を使われている距離短縮馬や、中央よりタフで時計を要する前走地方交流重賞出走組の期待値が極めて高いダート短距離重賞競走。

その傾向に伴い、ロベルト、グレイソヴリン、キングマンボ系等々、血統的な傾向も極めてスタミナ指向。

ダート短距離戦ながらも、スタミナの消耗度が高く、バテない体力、当該距離以上の適性も問われるレース。

以上を踏まえて推奨馬は、オウケンビリーヴです。

前走が地方交流重賞テレ玉杯(浦和ダ1400m・G3)2着の馬柱。

前項の詳細通り、当該距離以上のスタミナ、体力量が問われる近年の当レースは、距離短縮馬、前走地方交流重賞出走馬は物理的に有利。

血統構成は、クロフネ×サンデーサイレンス。

父も母父も1600m以上のG1レースに実績のある活力ある配合構成。

近親トゥザヴィクトリーは、2002年ドバイワールドカップ(首・ダ2000m)2着馬。

他馬が止まるような消耗戦のダートスプリント戦は絶好の条件でしょうか。

ブラゾンドゥリスも距離短縮ローテ。

母父は当レースで注目のロベルト系マヤノトップガン。

15年4人気2着カジキの母父は、マヤノトップガンの父にあたるブライアンズタイム。

12年8人気3着シセイオウジも母父ブライアンズタイム。

スタミナ溢れるダートサイアーとしても知られる当種牡馬は、近年のカペラSにおいても度々激走を魅せます。

ハットラブは、父がキングマンボ系で、ダート短距離型の追い込み脚質と、如何にも当レースに嵌りそうなキャラクター。

実際に、自身の勝ち鞍5勝中4勝が中山ダ1200m戦と、その舞台適性もメンバー随一。

従来の逃げ先行脚質から、後方待機の追い込み型へとモデルチェンジに成功したダノングッドは、その変貌を遂げた一戦が、今年4月の中山ダ1200m戦。

その後4戦は全て1400m。圧巻の末脚を披露した当時以来の当舞台出走となる今回は、当時のパフォーマンスの再現があっても不思議はありません。

平日の段階では除外の対象にいるハヤブサマカオープロトコルの2頭は、その臨戦過程、血統構成ともに当レース向きのキャラクター。

多頭数の回避等で出走が叶えば。

尚、中山ダ1200m戦の定石でもある外枠有利は当レースでも有効。

過去5年のカペラSで、当日単勝4番人気以下で馬券に絡んだ9頭中6頭は、6枠より外を引き当てた馬。

この観点から、枠順にも着目したいレース。

【推奨馬】
オウケンビリーヴ
ブラゾンドゥリス
ハットラブ


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ