マイル寄りのスピードが強烈に問われる福島記念

福島記念分析800200

【近5年傾向Pickup】

・スピード指向、特に近2走以内に3コーナー5番手以内の先行経験(過去5年で7人気以下で馬券に絡んだ4頭中3頭該当)

・近2走で1800m以下出走馬も有利(直近4年連続勝利中)

・1000万条件クラス以上の1600m戦で勝利実績を持つ馬(過去5年で4勝、馬券に絡んだ15頭中9頭該当)

・ノーザンダンサー系や、ボールドルーラー系、ロベルト系など、スピードを持続し続けるダート的な馬力血統が効果的(過去5年で6人気以下で馬券に絡んだ5頭中4頭該当)

・基本的に、父が非サンデー系が走るが、父サンデーなら、ネオユニヴァース、マンハッタンカフェなどのダート指向の強い種牡馬の産駒が走る(過去5年中4年の勝ち馬が父が非サンデー系)

・スピード馬場で内枠有利、特に2枠より内(該当馬は4連覇中、過去5年の3着内好走馬15頭中8頭が2枠以内馬)

【総括】

降雨などがない限りは、成績的にも、血統的にも、マイル寄りのスピードが要求されやすい重賞競走。

特に、今開催の福島競馬場は開幕初週にコースレコード決着も出るレベルの超高速仕様。

今年に関しては、例年の傾向がさらに加速するでしょうか。

その他、克明な詳細はピックアップを参照。

以上を踏まえて推奨馬は、マイネルハニーです。

近2走連続で、3コーナーの位置取りが3番手以内の先行脚質。

前項の詳細通り、前向きな気性、スピードが要求される当レースは、この経験が何よりもアドバンテージに。

加えて、芝1600m戦の勝利実績も当レースは有利。

血統構成は、マツリダゴッホ×ナリタブライアン。

父の母父はボールドルーラー系の血筋。母父ナリタブライアンはロベルト系種牡馬。

ピックアップの詳細通り、スピード指向の強い当レースは、それを持続し続けるダート的な馬力血統が非常に有効。

過去5年の福島記念で、当日単勝6番人気以下で馬券に絡んだ5頭中4頭が、ノーザンダンサー系、ボールドルーラー系、ロベルト系の何れかの血を持っていたという共通項も。

この馬自身も、既に当コース、当舞台で実績を残していますが、開幕週でコースレコード時計が出るレベルの超高速仕様の今年は、例年以上に自身のパフォーマンスを上昇させる条件が整います。

マイスタイルも、逃げ先行脚質で、母父が馬力指向の強いフォーティナイナー。

前走の札幌記念は、終いの伸び脚がレースの結果に直結する自身の長所が活かされなかった一戦。

その前走とは真逆とも言えるテンのスピード、前向きな気性が要求されやすい当レース出走で、一変する可能性は秘めています。

サーブルオールは、上級条件の芝1600m戦を2勝。

父がダンチヒを経由するノーザンダンサー系ハービンジャー。

マイル実績、血統背景とも当レース向き。

上位人気が想定されるエアアンセムは、毎年の当レースでポイントになるボールドルーラーの血を持つシンボリクリスエス産駒。

2014、2015年の福島記念で2年連続連対の実績を持つミトラもシンボリクリスエス産駒。

エアデジャヴー、エアシェイディ、エアメサイア、エアスピネル等々、牝系もマイル重賞実績馬がズラリと並ぶアイドリームドアドリームの一族。

マイル寄りの適性が問われる高速芝2000m戦は絶好条件でしょうか。

尚、近年の当レースは、スピード指向が強い傾向に伴い、内枠が断然有利の傾向も顕著。

特に2枠より内の枠を引き当てた馬は4連覇中、過去5年の3着内好走馬15頭中8頭が2枠以内馬というデータも。

そういった意味で言えば、上記推奨馬の中で、好枠を引き当てた馬を最も評価すべきでしょうか。

【推奨馬】
マイネルハニー
マイスタイル
サーブルオール


こちらのサイトでは重賞買い目を完全無料で取得できます

こちらのブログを最後まで閲覧していただきましてありがとうございます。
現在ブログランキングに参加しておりますので、内容を気に入ってくださった場合はクリックにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ